不便なことに趣を感じる話②

ひとつ、タンブラーについて思うことがある。

タンブラーは温かい飲み物などを保温しつつ、すぐに口にすることができる。とてもよいものであると思う。

しかし、水筒もこの世の中には存在するではないか。

 

高校生のとき、アメリカに短期留学(と言うなの旅行)をしたことがある。そこで現地の学生たちはタンブラーを使っていた。「こいつら、水筒を知らねえのか?」と思ったものだが、アメリカのホームセンターにはもちろん水筒は売っているし、疑問だった。ほどなくして現地の人に聞いてみたところ「水筒はなんかダサい」という要領を得ない答えをもらった。

 

最近、日本でもコーヒーショップのカップを持っていることがおしゃれ、という風潮を感じる。ファッションとして”手にカップを持っている”ことが必要なことがあるということだ。

これは「水筒はなんかダサい」の要領を含んでいると思う。

 

オジさんの私にはファッションのことはわからないが、タンブラーを使うことは不便を楽しんでいることのような気がする。水筒のほうが便利だとわかっていても、タンブラーを”使いたい”のだ。手に持っていたい、あるいは手をわざと塞いでいたい、ということもできるかもしれない。

不便なことに趣を感じる〜とは違う視点で考えても、忙しい人を装うのに使える気がする。例えば私が娘の服を買うためにちょっと入りにくいお店に入ろうとしたとき、たぶん手ぶらでは行かない。スマホを片手に「おつかいで来ているんですよー」という人物を装うと思う。そういう、”なにかしている途中だけれど、これをしに来ている”みたいな装いにタンブラーは使える気がする。ただこれは実用性があるので、私の考える趣とは違うんだけど。

 

何を書いているのかわからなくなってきたが、水筒より不便と思われるタンブラーを”使いたい”と感じる気持ちは、なんとなくわかるし、仮にタンブラーを使うことに利益がなくとも使いたい、という気持ちには趣があるよねえ、という駄文でした。

不便なことに趣を感じる話①

私は不便なことを楽しみたい、という気持ちがある。

うまく言い表せられないのだが、一言でいうとそうだ。

 

すでに世の中には”不便益”という言葉を用いて研究をされている方々がいる。ものすごく簡単に言うと不便であることで益を産む(または産むことがある)というもので、そのような書籍を読むととても楽しい。

でも私の気持ちとは少し違う…

 

私は不便であること自体を楽しんだり、なにかいいことがなくても趣を感じる、そんな感覚が気持ちいい。

 

的確に言い表すことができる例えも、今は持ち合わせていないのだが、とにかくそういうことを思いつくたびに書いてみたい。その決意も込めてタイトルに①を付けた。

 

今日そういう感覚になったのは、ラジオをAMラジオしか使えない小型ラジオ機で聴いたときだ。便利さで言えばradikoや感度の良いラジオに軍配が上がる。それでも小さいラジオに趣を感じて少しの時間使っていた。そんな感覚が楽しいし気持ちよかった。

 

そんな感覚をうまく表現したいし、もっと勉強してみたいな、と思っているという駄文でした。

重いものは持てないのに娘は抱っこできる話

私は運動神経がない。力もない。それでも娘を長時間抱っこできるのはなぜなのか。

 

私は小学生高学年の頃から、ガリガリだった。中学生になると幸いにも背が伸びて、ヒョロガリになった。そのころから運動が苦手で体育の成績も悪く、力もない私が形成されていた。

今は32歳だが、20代を通してみても、ずっと軟弱なままであった。スーパーで2L×6本のペットボトルを買って、車から玄関に運ぶ間にもどこかで休憩を挟んだりする。そんな具合だ。

 

娘は現在約10kgだ。1歳半の今も寝る前にはグズグズして抱っこをせがんでくる。ときには1時間以上することもある。当然疲れるのだが、なぜ抱っこを継続できるのか、自分でもわからない、物理的な体力では絶対にそんな力はないはずなのに。

 

思いつくこととしては、娘の泣き声をとにかく聴きたくない、という思いが力を生んでいる、ということである。あくまでも仮説なのだが、泣き声を聴いて精神的に疲労するよりも、腕や腰の筋力が披露する方がマシだ、と脳が感じていると考えている。

 

スーパーなどでは子ども片手に買い物する女性をよく見かける。そういう母達にもそういう力が働いているのだろうか。母は偉大だし、赤ん坊の泣き声は強い。

まだまだそういうことを実感する時期だ。

お祖父ちゃんのジャケットの話

現在32歳の私は、中学生の時に母方のお祖父ちゃんを亡くした。

お祖父ちゃんは躾には厳しかったが、よく物を買い与えてくれた。様々なご褒美として買ってもらったゲームソフトは、やらないまでも今でも捨てられずにいる。

 

その後、お祖母ちゃんも亡くなり、家の整理をしたとき、お祖父ちゃんのジャケットを数着貰った。家には30着以上のジャケットとそれに合せたスラックスがあったが、着られそうなジャケットだけ選んだ、というわけだ。

少々昭和を感じるようなデザインで、派手では合ったが、逆にそういうおしゃれを楽しむ人もいる、というので、それに便乗してごくたまに着用している。

 

 

シンプルに生きようと思うと、物を捨てたくなる。

だけどこういうものは捨てられない。だんだんおじさんになっていく中で、当然、思い出も増えていく。その分だけものも増えてしまうのは仕方ないと思い始めている。

 

ジャケットは私に似合っていないかもしれない。それでも着用したい瞬間があるのは、お祖父ちゃんを思い出したいのかもしれないし、お祖父ちゃんに守ってもらいたい、甘えたいと思っているのかもしれない。

物があふれている我が家から、駄文でした。

日本シリーズの話

2021年のプロ野球ヤクルトスワローズが日本一を獲った。バファローズのにわかファンとしては残念だったが、ナイスゲームばかりでとてもワクワクしながら楽しんで観戦できた。

こんなにも1試合1試合を真剣に観た(あるいはラジオで聴いた)のは、中日ファンの私としては2011年以来であったと思う。

 

日本シリーズ全体が面白かったのは、接戦であったことに加えて、若手の台頭があると思う。

オリックスの紅林選手にはもう感動しかない。顔は19歳らしく幼さもあるのにスイングは力強く、堅守も魅せる。昨年中頃、紅林選手の動画を見たときにはその特徴的な名前以外、何も残っていなかった。中嶋監督・コーチ陣の見立て、育成力にはただただ脱帽するばかりである。

 

私は中日ファンだ。中日は若手の台頭が、ない。見ていてワクワクする選手が少ない。ただの私の感想に過ぎないのだが、その原因がわかった。力強いスイングがないのだ。コンパクトに当てて出塁を狙う、そういうスタイルもいいのだが、やはり大きなものを狙える若手を見たい。

 

今年の私の野球観戦も終わった。コロナ禍が続く中、そもそも開催されたことに感謝したい。

仕事は、お山の大将がいいと思う話

私は社会人1年目と4年目でそれぞれ転職をした。

 

1年目は、合っていなかった。職場の雰囲気と私の性格そのものが合っていなかった。就職活動では”安定”しか考えておらず、いわゆる自己分析というものの大切さを見誤っていた。この転職には後悔はない。

 

4年目の転職は、結婚を考えていたことも合って”お金”を重視した。今ではかなり後悔している。1年目で挫折した私を拾ってくれ、かつ、高く評価してくれていた職場を何故やめてしまったのか。

私は前職ではお山の大将であった。全国にある営業所のような場所で、まだ20代前半であったが良いポジションにいた。自由に動くことができ、自分の意志を業務につなげることができた。一方で、給与はとても悪かった。

自由ということが以下に大切であるか、気づいていなかった。

 

今の職場は規模こそ大きく、安定はしているが、窮屈すぎる。白いものでも上が「黒だ」といえば黒にするような怪しさもある。お山の大将も組織に飲まれてただのクズになった。

 

仕事はお金をもらう手段だ。でもそれ以上に自分を殺さない環境にいることのほうが大切だと感じる。自分の意志に反した行動を取ることは精神をすり減らす。併せて、体力もなくなる。

私が次の転職をするのも秒読みだと思う。

 

今は娘もいる。軽々とは転職できないと、頭ではわかっているが、心では今すぐに行動したいと感じている。

もう前職のように良いポジションに、自分を認めて使ってくれるところはないだろう。

 

もし転職や就職活動をしている人がいれば、一つの失敗例として参考にしてほしい。人生はうまく行かないものだ。

今週のお題「お気に入りの靴下」から、どんな靴下を履けばいいのか分からない話

今週のお題「お気に入りの靴下」

 

私は32歳の男性である。勤務の日はほぼスーツであり、それに合わせて靴下は常に黒の長いものである。

就職活動から時を経た今であればグレーでもベージュでもある程度好きなものを履いてもいいのだが、片方が破れたとき、行方不明になったときなどを鑑みて同じ黒のものをたくさん持っている。仕事着にこだわりは、全く無い。

 

一方、私服のときにはどんな靴下を履いたらいいのか、本当にわからない。

自分で洋服を買うようになったのは高校生のときだが、そのときは周りも含めて皆、くるぶしソックスを履いていた。どういう経緯で皆が履いていたのかはわからないが、それなりに便利であるし、なんとなくダサくもない。これで済ませていた。

今でも私はそれを引きずっており、私服のときにはくるぶしソックスを履くことが多い、が、これが似合っているとも思わない。徐々にラフな格好も”みすぼらしい”様に見えてしまう年齢だ。難しいのだ。

今のファッショナブルな若者は白い長い靴下を履くことがあるらしい。画面や紙面で見るそのスタイルはかっこよくも見えるが、私がそれを身につけるのは勇気がいる。

 

実用性の面から考えると、寒い季節では長い靴下がいいのだろうか。いっそ、タイツでもいいかもしれない。絶対に暖かい。

と、絶望することはやめて妻に選んでもらうことにする。これは自分の意志を用いていないから”負け””ズル”であることは承知だが、少しでも変な部分があると、すぐに怪しいおじさんになりかねない年齢であることをもって許してほしい。いずれは娘というズルも使って、靴下選びを耐えていきたい。